積丹方面ホッケ釣りツアー(3)

 

前回のつづき、

 

半日、初心者一人で奮闘してなんとかホッケとカレイを数匹釣り上げたわけですが、

 

夜に大師匠と元師匠が合流する予定でしたので、車で待っていました。

 

今回から車に簡易的なベッドを製作していたのでとても快適な車内空間でくつろげました。

 

上の写真がその写真です。

 

 

平らなベッドで休むと疲れの取れ方が断然違うのでオススメですよ!

 

 

快適な空間で、大師匠たちを待っていたのですが、

 

疲れていたため待っている間に寝てしまい、話は翌朝にとびます。

 

 

 

翌朝、前日と同じようにルアータックルと投げ釣りの道具を持ち、同じ場所にスタンバイ。

 

投げ竿はいつでも投げれるように準備して、日の出とともにルアー開始!

 

 

しかしアタリが無い。

 

 

2時間ほど粘って大師匠がホッケ1匹、私もヒットしたものの、前日と同じトラブルに見舞われ、投げ釣りに移行しました。

 

 

この日の投げ釣りは前日とは違い、ポツリポツリと釣れ続け(大師匠のアドバイスが効果覿面だった)、

 

9時頃にはカレイ数枚とホッケもゲット!

 

その後もアタリがあり、アワセて巻いてみるとると、

 

 

 

グイグイと強い引き!

 

 

大きなホッケかな?と思ったのですが、

 

 

見えた魚は平ら。

 

ダブル?

 

いや一枚だ!

 

上がってきたのは大きなマガレイ。

 

 

 

40cmくらいありました!

 

道北民の私には見たことの無いサイズでびっくり!

 

 

その後もポツリポツリと投げ釣りを楽しんでいると、

 

元師匠がメタルジグでホッケのフィーバータイムに入っているではありませんか!

 

 

連続でどんどん釣り上げています。

 

 

大師匠のサブタックルを借りて使って居たので、

 

「一回だけ貸して?」

 

私も借りてキャスト!

 

すると着底前に「コン、コンッ!」とアタリが!

 

 

すかさずアワセて水面から上げましたが、とにかくタックルが扱いやすい!

 

問題なく取り込んだのがこちら↓

 

 

 

やはりジグに食う魚はサイズがいいですね。

 

 

釣れている時は時間が経つのが早いもので、あっという間に終了時間。

 

 

スカリもソコソコにぎやかになりました。

 

 

 

 

そんなわけで、積丹方面ホッケ釣りツアーはこれにて終了。

 

後志、檜山地方は良い釣り場が多く、遠くからやってきた甲斐がありました!

 

またいつか釣りに行きたいと思います。

 

 

そして次はいよいよホームでのホッケ釣りです!

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北海道の釣り情報を集めたいときは

ブログ村がおすすめ

ポチっとおねがいしますm(。。)m

↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
 

0




    ほかの記事



    カテゴリ別