ワカサギ釣り電動リール 自作便利グッズ紹介

 

 

 

 

ワカサギ用電動リール、様々な方法で自作をされている方がたくさんおられますね。

 

私もみなさんの作り方を参考に試行錯誤して、日々改良を続けています。

(冒頭の写真は現在テスト中のもの)

 

今回は日々自作に励まれている方に是非オススメしたい、電動リール作りに最適な材料をいくつか紹介したいと思います。

 

 

 

 

1.モーター

 

 

 

 

モーターはミニ四駆用のモノが手に入りやすく、電圧も3Vなので扱いやすいですね。

ネットでは送料がかかり、割高になってしまいますのでお近くのホビーショップなどで

購入されることをおすすめします。

(↑ 一応、ゆうパケット ¥200 で送ってもらえるショップのリンクを載せておきます。 ↑)

 

100均の電動字消しを分解しても手に入りますね。

 

 

 

2.スプール(ボビン)

 

 

 

 

実は今回イチバンオススメしたかったのがこちらです。

 

100均のミシン用のボビンを利用されている方がたくさんいらっしゃいますが、

鉄製で重く、精度も悪いのでオモリを落とし込む際にムダな抵抗がかかってしまいます。

 

それに比べてこちらのボビンはアルミ製で軽く、精度も高いので良く回転してくれます。

ベアリングを入れて上手く設計すれば、1g以下のオモリでもスルスルと落ちていきますよっ!

 

メール便での発送も可能ですので、複数購入すれば1個あたりの送料も節約できます。

各釣りメーカーから出ているスプールと比べるとはるかに安くできますね!

 

こちらは本当にオススメですので、ぜひっ!

 

 

 

3.ベアリング(スペーサでの代用)

 

 

 

言わずと知れたベアリングですね。クラッチを解放してオモリを落とす際、

これが有るのと無いので大違い!

 

軸とスプールの摩擦を大幅に改善出来ます。

 

今回はボビン利用を前提に内径3mm、外径6mmをご紹介。

 

シールド付は水などがかかっても中に入りにくく、開放型は注油できるので

こまめにメンテナンスされる方向けです。

 

こちらはメール便発送可能です!

 

 

 

 

 

こちらは「ジュラコンスペーサー」というもので、内径が3mm、外径6mmと

M3のビスを軸に使い、ミシン用のボビンを取り付けるのにジャストサイズの材料です。

ネットショップでは送料がかかり割高なので

、近所のホームセンター等で探してみてください。

 

この、ジュラコンスペーサーを使用しての実験動画をアップしておきますので、

興味がある方はどうぞ。

 

ベアリングを使わなくても意外と良い動きをしてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

4.電池ケース

 

 

 

 

電気回路も自作している方向け。安いのを見つけたので紹介します!

 

 

 

5.スイッチ

 

私はスイッチにはマイクロスイッチを利用しています。

カチッ!カチッ!っと気持ちよい操作感があり、釣りの楽しみが増します。

 

 

 

 

と、以上がワカサギ電動リール自作用オススメ材料でした!

今回紹介した材料を使って、すばらしい電動リールを製作していただけると幸いです。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:フィッシング

 

↓節約 貧乏釣り DIY 自作 関連ブログをお探しなら↓

にほんブログ村 釣りブログ 貧乏釣りへ
にほんブログ村

 

0




    ほかの記事



    カテゴリ別