積丹方面ホッケ釣りツアー

JUGEMテーマ:フィッシング

11/23(木)の夜から積丹方面へホッケを狙いに行ってきました!

24(金)に有給をとり、二泊での大旅行。

旭川からは5時間以上かかります。

 

釣行レポートを語り口調でお楽しみください。

 

 

 

初日

 

師匠は1時間ほど前に旭川を出発、

初めに小樽南防波堤を見学するとの事だった。

 

途中少し吹雪いたが、すぐに雪は止み、順調に進むこと3時間。

朝里のコンビニで師匠に連絡してみたところ、南防波堤で「マメイカがポツポツ釣れている」とのことだ。

 

メインは積丹ホッケなのだが、今年の初夏に留萌方面で惨敗していたマメイカにリベンジするチャンスではないか!

つりしんを見てイカも釣れるかも、とエギングタックルをしっかり準備しているので、

計画的犯行とも言えるかもしれないが、ここはそそられる気持ちに素直に生きることにした。

 

「師匠!すぐに行くので明かり点けて待ってて下さい!」

 

15分後、南防波堤に到着し、さっとタックルを準備して堤防を進む。

数名のエギンガーを通りすぎ、見慣れたウェアの人影に

 

「釣れてますかー?」

 

話しかけると、

 

「もう5杯釣れたよー」

 

と師匠。さすが!

 

そして二人でマメイカエギングを始め、私もポツリ、ポツリと、 

夏に一度きり(人生でも一度きり)味わっただけのアタリを今回は存分に楽しんだ。

 

始めたとき既に夜11:00を回っており、このあと積丹まで移動しなければならないことと、

雪が降り始めたこともあり、1時間ちょいで切り上げ、師匠10杯、私は5杯で終了。

 

軽くリベンジできたので小樽での釣りには満足して師匠と積丹方面へ向かった。

 

はじめに神威岬の手前の、とある漁港へ様子を伺いに入り、港内を徒歩で偵察。

ここもまた数名のエギンガーがマメイカをつっていた。

 

偵察が終わり車へ戻ると、師匠も私も睡魔に襲われ、

また、この漁港は山に囲まれていて風に強いこともあり、就寝することに。

 

 

 

二日目

 

翌朝、日の出とともに港内を偵察。

 

港口付近に数名の、ホッケ狙いと思われる釣り人がいたが、釣れている気配が無かったので、

この漁港をあとにして、うしお食堂前の磯へ向かうことにした。

 

うしおまでは車で15分程度の距離。

しかし山を越えた途端、車が揺れるほどの強風と白波を立ててうねる海の光景が!

 

「これ、無理じゃない?!」

 

車を止めて師匠に声をかける。

 

「厳しいね。まぁ、とりあえず行ってみようか。」

 

経験が豊富な師匠が、落ち着いた様子でそう言ったので、うしお食堂前の駐車スペースに車を止め、歩いて近くまで行ってみた。

 

 

 

 

無理だ。

 

師匠と少しの時間、磯場の見学だけして、

そそくさと退散。

 

ここから、順に漁港を視察しながら南下していったのだが、人影自体が皆無であった。

 

そしてようやく釣人の姿を拝むことができたのが、カブト盃漁港。

数人の釣人が堤防を越えて降りかかる波を受けながら釣りをしていた。

 

 

やはり釣れている気配はないのでさらに南下。

 

岩内までの間も人影はなく、

岩内漁港は車が2台ほどとまっていたが、強風で竿が出せない状態。

 

一旦、比較的大きな街である岩内で燃料と食料を補給して、

竿が出せそうなカブト盃漁港に戻ることにした。

 

 

そしてカブト盃漁港で竿出し。

冒頭の写真はこの時の写真。

 

 

結果を言うともちろん惨敗で、波を被りながらガヤと戯れ、お昼過ぎには撤退。

神恵内の道の駅で少し休憩して、朝を迎えた漁港まで戻り、夜にマメイカを釣ることにした。

 

到着後、夜に備えてしばらく車で体を暖めていたちょうどその頃、

釣りの神様、釣変態である師匠の師匠が旭川を出発してこちらへ向かいはじめているとの連絡が入った。

 

 

…つづく

 

 

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

0
    コメント




    <新着記事>


    <カテゴリ別>