初心者による初心者のための釣り入門講座

私がこのブログをはじめたキッカケのひとつとして、

 

釣りを始めたばかりの私が、いろいろな釣りを経験する過程で、

 

 

当時の私と同じような方々の、

 

「釣りをやってみたいけど、どうしたらいいのかわからない」

 

という疑問にお答えする。

 

 

 

初心者だからこそ分かり合える。

 

そして、的確にアドバイスできる。

 

そんな記事を書きたいと思ってブログを始めたのです。

 

 

 

しかし!

 

毎週のように釣りに行き、たくさんの経験を積んできたにもかかわらず、

 

釣りに夢中になりブログを更新せず、

 

当時書こうと思っていたような記事を一切書いていないではないですか!

 

 

なんという愚か者。。。

 

 

なんとか皆さんの信頼を取り戻さねば!

 (はじめから信頼なんてされていない?!)

 

 

 

 

というわけで今回は、初心者による初心者のための釣り講座 第一弾。

 

(正確には釣り歴2年目になったので初心者マークは取れましたが)

 

 

 

 

さてさて、本題に入ります。

 

 

 

これから釣りを始めようと思っているみなさんは、

 

「海に行って竿を出せば魚が釣れる」

 

と思っていませんか?

 

 

釣り道具を用意して、

 

「何かいるかな?」

 

と竿を出す。

 

 

某有名ゲームでは

 

ボロのつりざおを海辺で使えば

 

コイキ○グが釣れましたが、現実はそうはいきません。

 

 

海に魚がいない事は多々あるのです。

 

 

 

よくある誤解として、

 

釣りを始める時に初めにする事が

 

「道具を揃える事」

 

だと思ってしまう事ですね。

 

 

初めにすべき事は

 

「今、海にはどんな魚が居るのか」

 

を知ることです。

 

 

以下、留萌近辺の話になりますが、

 

例えば最近までは留萌港ではニシンが釣れていましたし、

 

増毛ではホッケやヤリイカが釣れていました。

 

投げ釣りではカレイも狙えるでしょう。

 

今後は河口付近でサクラマスが狙えます。

 

(2018/5/11現在)

 

 

このような情報はつりしんで得られます。

 

ブログや釣具店を頼りにするのも良いでしょう。

 

 

釣りを始めるにあたってまず最初にすべき事は、

 

今釣れている魚を知り、

 

「何を釣りたいか」を決める事です。

 

 

釣りたい魚がハッキリと決まっていれば釣具屋さんの店員も必要なものを親切に説明してくれるでしょう。

 

ちなみに、釣る魚によって釣り方も道具も変わりますし、

 

ニシンとホッケは同じ竿とラインでもよかったりします。

 

サクラマスに使うルアーロッドはヒラメにも使えますし、

 

ホッケは大抵、ウキ釣りやサビキ釣りで釣る方が簡単なのですが、ルアーで釣るなんて事ができたりします。

 

なので、釣る魚の次に決めるべきなのは

 

「釣り方」

 

だと思います。

 

釣り方が決まれば自ずと道具も決まります。

 

しかし、先程も話したように、同じ魚でも釣り方は複数あるので、

 

次に狙う魚にも使える道具を揃えておきたいところです。

 

 

 

私が北海道で釣れる魚を全て釣るために揃えた竿は以下の通り。

 

 

磯竿 4m(ホッケ、イカ、チカ、ニシン、サバ、カレイ等)

 

投げ竿 30-390(カレイ、ホッケ、コマイ、ハゼ、シャコ等)

 

ルアーロッド 7ft 0.7-5g(イカ、ガヤ、コマイ)

 

ルアーロッド 9ft 10-40g(ホッケ、ヒラメ、サクラマス、カラフトマス)

 

ルアーロッド 10ft 15-50g(アキアジ、ブリ)

 

 

後日、「釣りもの」、「釣り方」、「竿」を表にまとめて紹介したいと思います。

 

 

 

というわけで、今回は釣具屋さんに行く前に知っておいてもらいたいことを書かせていただきました。

 

 

次は釣りもの別に「釣り方」の紹介をしてみたいと思います。

 

 

暖かくなり、これから釣りレジャーに行こうという方のお役にたてれば幸いです。

 

それではまた次回お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

北海道の釣り情報を集めたいときは

ブログ村がおすすめ

ポチっとおねがいしますm(。。)m

↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
 

0
    コメント




    <新着記事>


    <カテゴリ別>