大漁ホッケ解体

 

初の大漁、クーラー釣りとなったGWでしたが、

 

夕方まで釣り、家に着いたのは夜9:00すぎでした。

 

魚は内臓から痛んでいくので、早く内臓を取り出すことが鮮度を保つ秘訣です。

 

なので、夜10:00から解体スタートです。

 

小さなホッケは煮つけ用に

 

頭を落とし、内臓を取り出して水洗い、

 

 

 

 

 

 

水分をよくふき取ってから、

 

 

保存バッグに入れました。

 

小型のものが30匹くらいありました。

 

知り合いに配るときも、この状態だと喜ばれますね。

 

 

 

つづいて、大きなものは干物用に背開きにして、

 

塩分3〜5%の塩水に漬けます。

 

私は3%で7時間にしましたが、すこし水っぽくなった気がします。

 

 

 

大量なのでバケツでやっちゃいます。

 

 

 

そして天日干し。

 

日光と風があるとよく干せますね。

 

 

 

 

GWの風物詩、ホッケの干物(笑)

 

 

 

 

 

窓からながめるとこんな感じ

 

 

 

 

 

 

昼間の乾燥が足りず、室内でも。

 

異様な光景ですね(汗)

 

 

しばらくホッケは釣りたくな〜い!

 

という気分も今だけでしょうか(笑)

 

次はカレイを釣りたいと思います!

 

 

北海道の釣り情報を集めたいときは

ブログ村がおすすめ

ポチっとおねがいしますm(。。)m

↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
 

0
    コメント




    ほかの記事



    カテゴリ別